清閑寺伯爵家 名家

  • author: easthall
  • 2002/03/21


◆清閑寺盛房
1845-1892 弘化02-明治25 47歳没


■妻 公家梅小路定徳の娘


●延子 北島斉孝男爵夫人
●経房 次代当主
●愛房
●修麿 村上修麿となる
●元子 小手川信次夫人
●基房 池尻基房子爵となる
●雅子 亀谷巖夫人
●国栄 津守国栄男爵となる


●延子 北島斉孝男爵夫人






◆清閑寺経房
1865-1952 慶応01-昭和27 87歳没


■妻 壬生基修伯爵の娘 修子
1872-1953 明治05-昭和28 81歳没


●歌子  婿養子を迎え次代当主とする
●ヨネ  鷲尾隆信伯爵夫人
●万寿子 有馬市蔵夫人




◆清閑寺良貞 
1888- 明治21-
もと吉田良兼子爵の子 婿養子になる


■妻 先代経房の娘 歌子
1895-1990 明治28-平成02 95歳没




●経泰 次代当主
●貞光 池尻貞光となる
●昇





◆清閑寺経泰
1920- 大正09-


■妻 鷹司信輔公爵の娘 幸子
1922- 大正11-


●信房
●芳子
●修泰





葉室伯爵家 名家

  • author: easthall
  • 2002/03/20


東京本邸 豊多摩郡千駄ヶ谷町 (現:渋谷区千駄ヶ谷)


◆葉室長邦
1839-1898 59歳


■妻 勧修寺経理の娘 経子
1847-1915 68歳没


●邦子 六条有熙子爵夫人
●秀子 近松尊定夫人
●正子
●春子 婿養子を迎え次代当主とする





◆葉室長通
1876-1944 68歳没
もと万里小路通房伯爵の子 婿養子になる



■妻 先代長邦の娘 春子
1887-1945 58歳没



●千鶴子 婿養子を迎え次代当主とする
●通子  戸田武夫人
●礼子  田坂夫人


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<春子夫人の不倫>

葉室長邦には男子がなかったため娘春子に万里小路通房伯爵の子長通を婿養子に迎えた。
葉室家は東京に本邸があったが、陸軍軍人である長通が豊橋市に赴任したため、
妻子も一緒に住まった。
しかし見知らぬ土地で暇を持て余した春子は、当地の年下税務署員Aと不倫関係となる。
この関係は軍の知るところとなり、不倫関係は裂かれる。

また春子は新しい男Bを作る。
すると夫ではなく元愛人Aがこれに激怒、復縁を迫られ春子はAとよりを戻す。
これを憲兵隊が知るところとなり軍に報告、
軍は妻の不貞を取り締まれない長道を監督不行届きということでクビにする。

しかし夫婦は離婚することなく亡くなるまで結婚生活を続けた。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





◆葉室直躬
1895-1971 76歳没
もと鍋島直柔子爵の子 婿養子になる


■妻 先代の長通の娘 千鶴子
1903-1988 85歳没


●百合子 烏丸智弘夫人
●欣子  大野良雄夫人
●賴昭  次代当主
●公子  黄朝福夫人
●頼言  粟田口頼言となる





甘露寺伯爵家 名家

  • author: easthall
  • 2002/03/19


◆甘露寺義長
1852-1917 嘉永05-大正06 65歳没

1f3e5e70



■妻 勘解由路資生子爵の娘 立子
1856- 安政03-




●受長 次代当主
●義子 奥保夫伯爵と結婚
●方房 岩崎久弥男爵の娘澄子と結婚


●義子 奥保夫伯爵と結婚






◆甘露寺受長
1880-1977 明治13-昭和52 97歳没



1000



■妻 北白川宮能久親王の娘 満子女王
1885-1975 明治18-昭和50 90歳没




●績子 島津忠彦男爵と結婚離婚・金融王近藤荒樹の後妻となる
●寿子 土方久雄と結婚
●忠長
●親房 次代当主


立つ左から 績子 親房
座る左から 受長 立子夫人 満子夫人

36fd25b2.jpg


立つ左から 忠長 親房
座る左から 績子 立子夫人 満子夫人 受長

bdfbbf1a.jpg





◆甘露寺親房
1912-1994


■妻 一橋徳川宗敬伯爵の娘 美代子
1921-



1002



●広長
●成子
●典子
●和房





坊城伯爵家 名家

  • author: easthall
  • 2002/03/18


◆坊城俊政
1826-1881


■最初の妻 園部藩主小出英発の娘 婉子
1841-1863


■2番目の妻 公家日野資宗の娘 千鶴子
1838- 


■3番目の妻 浜崎大輔の娘 繁子
1848-1902


●婉子の子  梓子  長谷信篤子爵の後妻
●婉子の子  国映  今園国映子爵となる 高滝小藤治の娘セイコと結婚 
●婉子の子  恒子  岩階英存室夫人
●婉子の子  録子  園部藩主小出英尚と離婚・芳村正乗と再婚
●千鶴子の子 美津  木越安綱夫人
●繁子の子  俊延  坊城俊延男爵となる 井田譲の娘テツコと結婚
●繁子の子  佐麿  芝山祐豊子爵となる
●繁子の子  伊万子  本田親済男爵の後妻
●繁子の子  俊弘  穂穙俊弘となる 山科言縄伯爵の娘牧子と結婚


●伊万子 本田親済男爵の後妻






◆坊城俊章
1847-1906
先々代俊克の子


■前妻 松平頼覚の娘 久子
1852-


■後妻 山本梅屋の娘 秀子
1866-1938


●俊徳  次代当主
●竹子  豊福環と結婚・井上九郎と再婚
●俊良  次々代当主
●俊賢  坊城俊延男爵の娘延子の婿養子になり坊城俊賢男爵となる
●俊智  村田雙美子と結婚
●寿重子 井上昇夫人
●理子  三本英夫人
●春子  上田稔夫人


●俊賢  坊城俊延男爵の娘延子の婿養子になり坊城俊賢男爵となる






◆坊城俊徳●子供ナシ
1889-1911





◆坊城俊良
1893-1966
先代俊徳の弟



■妻 入江為守子爵の娘 朔子
1897-1932 



●俊民 次代当主
●俊孝
●俊久 入江為常子爵の娘朝子の婿養子になり入江俊久となる
●俊周 橋本嘉男の娘佐和子と結婚





◆坊城俊民
1917-1990


■妻 戸田氏秀伯爵の娘 章子
1921-


●祥子
●任子





園伯爵家 羽林家

  • author: easthall
  • 2002/03/17


◆園基祥
1833-1905


■妻 園部藩主小出英発の娘


●基資 次代当主
●常麿
●政麿 峯守政麿となる
●信麿
●利文 細川利文子爵となる 細川利永子爵の娘同子と結婚
●祥子 明治天皇の側室
●周次


●利文 細川利文子爵となる 細川利永子爵の娘同子と結婚






◆園基資
1856-1928



■妻 松浦敬の娘 益子
1856-1937 


●基建 次代当主





◆園基建
1896-1922



■妻 久我通久侯爵の娘 富久子
1856-1937 


●基久 次代当主




◆園基久●子供ナシ
1920-1985


■最初の妻 松浦治子爵の娘 久子
1927-1945 


■2番目の妻 松浦治子爵の娘 和子 前妻の妹
1929-


■3番目の妻 花田長太郎の娘 テルコ
1923-