佐々木高行侯爵家 政治家

  • author: easthall
  • 2005/02/13


◆佐々木高行
1830-1910 文政13-明治43





■妻 平民国久市兵衛の娘 貞子
天保09-明治45


●千勢子 藤井守馬夫人
●繁子  小玉淳一郎と離婚・軍医加賀見光賢と再婚
●高美  次代当主
●高志  堤正誼男爵の娘順子と結婚





◆佐々木高美
1862-1902


■妻 真木長義男爵の娘 行子
明治08-



●行忠  次代当主
●美知子 西尾忠方子爵夫人
●行孝  
●行篤  紀俊秀男爵の娘富久子と結婚


●美知子 西尾忠方子爵夫人






◆佐々木行忠
明治26-



■妻 上野季三郎の娘 米子
明治36-


●美枝子 哲学者串田孫一夫人
●春江  田地隆夫夫人
●行美  次代当主
●玲子  高丘季昭子爵と離婚・佐土浩一と再婚





◆佐々木行美
昭和03-


■妻 財閥住友友成の娘 邦子
昭和10-





大久保利通侯爵家 政治家 その1

  • author: easthall
  • 2005/02/12


東京本邸 麹町区三年町
高輪別邸 芝区二本榎西町 敷地3万坪


◆大久保利通
1830-1878 文政13-明治11 47歳没 暗殺


*身長175~178cm・体重65~70kg

*ニコチン中毒・カフェイン中毒・漬け物好き。

*慢性胃痛・慢性下痢あり。

*頭頂部に円形脱毛症があり、毎日長時間かけて整髪していた。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

暗殺者の一人 島田一郎の証言

大久保の馬車の来かかる途端にAが一刀に馬の前足をなぎたるに、
馬はなおも一散に走りて数間を行き過ぎるにぞ、こは仕損じたりしかと思いし折柄、
Bが馬の前額に二の太刀を切りつけたれば、馬は即座に倒れたり。
ならびし一馬も進み得ざりしかば、余は大いに力を得てつと馳せ寄り、
右の方より馬車の戸を開きて二刀まで刺し通せしその時に、
大久保が余を睨みし顔の凄まじく恐ろしさ、
苦痛かゆえか無念ゆえか何とも言われぬ顔色は今に忘れず。
折りしもまた左よりも誰なるか二刀三刀刺し貫き、
しかして車より引き出せし時はもはや命も絶え絶えなりしが、
なお7足8足ほどもひょろひょろと歩き行きしは、全く気の残りしなるべく。
この時みなみな乱刀にて散々に切りつけ、ついにとどめを刺したり。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

現場に駆けつけた前島密の証言

肉飛び骨砕け、また頭蓋裂けて脳のなお微動するを見る。これ果たして真か夢か。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





■妻 士族 早崎満寿子 
 -1878  -明治11




★側室 京都の芸妓 おゆう


*利通は本妻&実子は本邸に、おゆう&庶子は高輪別邸に住まわせていた。


●本妻の子  彦熊 次代当主大久保利和となる
●本妻の子  伸熊 牧野伸顕伯爵となる
●本妻の子  三熊 次々代当主大久保利武となる
●おゆうの子 達熊 大久保利夫となる
●本妻の子  雄熊 石原雄熊となる
●おゆうの子 駿熊 税所篤一子爵の娘サワコと結婚
●おゆうの子 七熊 恩地順之助の娘コキンと結婚
●本妻の子  芳子 伊集院彦吉男爵夫人
●おゆうの子 利賢 高橋是清子爵の娘和喜子と結婚→子はロッキード事件で逮捕された利春

立つ左から 伸顕の妻峰子 利武 伸顕 利賢 利和 雄熊
椅子左から 利武の妻栄子 利和の妻尚子 おゆう 伸顕の娘雪子

e0eb63a5.jpg





◆大久保利和●子供ナシ
1859-1945 安政06-昭和20 86歳没


■妻 重野安居の娘 尚子
1875-1918 明治08-大正07 43歳没


43452eb3.jpg





◆大久保利武
1865-1943 慶応01-昭和18 78歳没
先代利和の弟

*米エール大学・ドイツの大学に留学

左が利武




■妻 近藤廉平男爵の娘 栄子
1879-1956 明治12-昭和31 77歳没






●利謙 次代当主
●利正 慶光院利敬の娘治子と結婚
●通忠 山口金太郎の娘澄子と結婚




◆大久保利謙
1900-1995 明治33-平成07 95歳没




■妻 米田国臣子爵の娘 八重子
1910- 明治43-


●利泰
●成子


●利泰






大久保利通侯爵家 政治家 その2

  • author: easthall
  • 2005/02/11


●本妻の子  利和 次代当主
●本妻の子  伸熊 牧野伸顕伯爵となる
●本妻の子  利武 次々代当主
●おゆうの子 利夫
●本妻の子  雄熊 石原雄熊となる
●おゆうの子 駿熊 税所篤一子爵の娘サワコと結婚
●おゆうの子 七熊 恩地順之助の娘こきんと結婚
●本妻の子  芳子 伊集院彦吉男爵夫人
●おゆうの子 利賢 高橋是清子爵の娘和喜子と結婚→子はロッキード事件で逮捕された利春


立つ左から 雄熊 利武 利賢 七熊
椅子左から 伸顕 芳子 利和

0217d360.jpg


●芳子 伊集院彦吉男爵夫人
637fd304.jpg


●利賢 高橋是清子爵の娘和喜子と結婚→子はロッキード事件で逮捕された利春





野津道貫侯爵家 軍人

  • author: easthall
  • 2005/02/10


東京本邸 赤坂区新坂町 (現:港区赤坂)

640bae79.jpg

149f7667.jpg



◆野津道貫
1841-1908 天保12-明治41




■妻 高島喜兵衛の娘 登女子
嘉永04-大正08


●槙子  上原勇作子爵夫人
●栄子  林民雄夫人
●鎮之助 次代当主
●輝子  池田龍一夫人
●鎮雄  
●鎮彦   野村百合と離婚・鹿野清次郎の娘カツヨと再婚
●美屋子 三浦恵一夫人 


●槙子 上原勇作子爵夫人






◆野津鎮之助
明治16-



■妻 小倉市長末弘直方の娘 ヒロ子
1893-1963 明治26-昭和38

*明治40年に行われた日本初の美人コンテストの優勝者





●美智子
●高光
●真佐子 倉敷絹織社長大原総一郎夫人
●佐恵子





大隈重信侯爵家 総理大臣

  • author: easthall
  • 2005/02/09


・東京本邸 豊多摩郡戸塚町 (現:新宿区西早稲田)

・東京本邸 庭園

35b7a32b.jpg



◆大隈重信 総理大臣
1838-1922 天保09-大正11 83歳没

*身長180cm

*生まれつき健康だったが、61歳の時に爆弾テロにより右足を切断、義足となる。

*晩年は胆石症が持病となり、膀胱炎の診断を受けた翌年に死亡。







■前妻 江副美登 大隈重信と離婚・鹿島藩士大塚綱領と再婚
1843-1912


■後妻 旗本三枝頼永の娘 綾子
1850-1923 嘉永03-大正12 73歳没


*<大風呂敷>と言われた大隈も綾子夫人には頭が上がらず、「うちの番頭」と呼んでいた。
大隈は大学構内に綾子夫人の銅像を建てようとして、学生の猛反対にあう。









12cbb9dc.jpg





●前妻の子 熊子 婿養子を迎え次代当主とするが離婚




◆大隈英麿 盛岡藩主南部利剛の子英麿を婿養子・離婚
1856-1910


*英麿は旧藩士にだまされ多額の借金を作ってしまい、離婚に至る。


■妻 先代重信の娘 熊子●子供ナシ
1863-1933




◆大隈信常 松浦詮伯爵の子 婿養子になる
1871-1947 明治04-昭和22 75歳没


*英ケンブリッジ大学に留学





■妻 先代重信の姪/三枝守富の娘 光子
1884-1946


*戸籍上は養女となっているが、大隈重信の庶子であるとも言われる


f6d7b6bf.jpg



●信幸 次代当主
●豊子 広沢真吾伯爵と結婚・1男3女あり


左から 熊子 豊子 光子夫人 重信 綾子夫人 信幸

90b1c85c.jpg



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
宮武外骨が書いた記事

ホラ侯爵の愛婿大隈信常は家庭では真面目くさった顔をしていても、
毎晩8時頃になると散歩に出ると称して神楽坂に遊びに行くが、
11時頃になるとそっと帰るから誰もその事を知らないでいるそうな。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




◆大隈信幸
1910-2004 明治43-平成16 93歳没


■妻 政治家久原房之助の娘 馨子
1916- 大正05-


●和子
●治子
●明子
●里砂